太陽製麺所の商品管理について

太陽製麺所では安全で安心な商品をお届けするために、以下5点の管理体制を徹底しております。管理体制を充実させることにより品質安定を図り、お客様との信頼を築き上げより良い麺の提供をお約束いたします。

 

■原材料入庫管理

原材料の入庫時のロット番号の記録記帳を行い、日々の使用原材料ロット番号記録を実施。

■製造時品温管理

ミキシングから圧延、圧延から切出、出来上がり商品より冷蔵までの各温度チェックを実施し、出庫までの品温を管理。

■冷蔵時品温管理

各冷蔵室内部の最低温度から最高温度の管理と生麺、茹麺、皮類の区別管理を行い品質重視の管理体制を完備。

■組織別自主管理

工場内の自主管理記録表に基づき、作業従事者の健康管理記録、従事者の衛生管理、清掃消毒記録、工場内の室温記録、冷水供給装置の温度記録等を実施。

■自主検査管理

弊社研究室での自主検査(商品保存試験、商品菌数検査、工場内気化器拭取検査、従事者の手指拭取検査、工場内空中落下菌検査等)に専門の衛生検査員を配置。

太陽製麺所の製品表示について

製品表示は、お客様にその製品の内容をお知らせする大切な情報源です。
太陽製麺所では商品管理部が原材料の確認、表示作成、実際の製品表示の最終チェックまでを一貫して行っております。食品衛生法、JAS法、景品表示法といった関連法規を遵守しながら、適正な商品情報の表示に努めてまいります。

 

太陽製麺所の包装について

一般的に業務用の麺の包装形態には、大きく分けて2種類ございます。それは個別包装された包装麺と個別包装せず木箱などに詰めて出荷する箱詰め麺の2種類です。
その中でも太陽製麺所では、個別包装された包装麺を推奨しております。

 

太陽製麺所が包装麺を推奨するその大きな理由のひとつは、常においしい麺をお届けしたいという思いにあります。太陽製麺所ではお客様によりおいしく召し上がって頂くため、商品に品質保持剤(プロピレングリコール)を一切使用しておりません。そのため、市販の麺に比べますと腐敗変敗しやすく、冷蔵庫に保管して頂く事が必要不可欠になります。

 

ひとつひとつパッキングされた包装麺は冷蔵庫保管もしやすく、また衛生面においても、害虫・雑菌から商品を守り常に新鮮にご利用頂くことができます。加えて前述にも述べました通り、製品表示を徹底しておりますので、原材料、アレルギー物質等の確認も容易に行うことができます。